寝返りを何度打つか、睡眠姿勢を何度変えるかは、性別によって違いがあります。
大学が実施したリサーチでは寝返りを打つ回数は男性のほうがはるかに多く、睡眠姿勢を変える回数は女性のほうが多かったという結果が出されました。
このリサーチで、女性は寝返りを打つ回数が少ないかわりに、頻繁に体を動かしていることが理解できます。
さらにこうした結果が示された理由としては、男性と比べて女性の筋力は低く、寝返りを打ちづらいために、振り子として手足を利用し、体を動かしているのではと考えられています。

寝返りには体の歪みを解消する効果があり、寝返りを打つ回数が少なく歪みが十分に解消されずに蓄積されると、やっかいな腰痛を招いてしまうことにもなりかねません。
もともと筋力にとぼしい女性が、歳を重ねることでますます筋力の低下が進むと、歪みもどんどん増していって、腰痛のトラブルもひどくなっていってしまいます。
したがって、ナチュラルでスムーズな寝返りを打つことができる寝具を使用することが重要です。
腰痛対策マットレスとして販売されている高反発マットレスのモットンであれば、自然で円滑な寝返りを打つ大きな助けになってくれるでしょう。 性能や口コミなど詳しい情報はコチラ!
http://www.nwcraftsalliance.com/