性病と妊娠はとても相性が悪くなっております。
性病に感染している女性が妊娠、出産すると病気の種類によっては母子感染することがあります。
また、流産や死産の原因になりますので注意しなければ行けません。
母子感染した場合には、まだ抵抗力の弱い赤ちゃんは、性感染症のウイルスによって肺炎になったり失明や奇形や最悪の場合死に至ることもありますので注意しなければいけません。
性感染症の中でも母子感染する可能性のあるのはエイズ、クラミジア、淋病、カンジダ、梅毒、トリコモナス、コンジローマ、B型肝炎、C型肝炎などが母子感染する可能性があります。

また、男女に限らず性病に感染している場合には、不妊症の原因にもつながります。
これらの性感染症は、簡単な検査によって感染しているかどうかがわかります。
性感染症は、感染している期間が長ければ長いほど、完治まで時間がかかったり、治療自体が難しくなってしまいます。
その為に、ちょっとでも体に異常があると感じた場合には、なるべく早く検査をして適切な治療を受ける事が重要になります。
検査は病院でも保険所でも行っておりますが、最近では自宅でできる検査キットなどもあります。
性病検査キット 楽々確認術などでも紹介されておりますので、ぜひチェックしてみてください。

http://ansin-kensa.com/page02.html


http://www.nwcraftsalliance.com/