交通事故の慰謝料は、事故に巻き込まれてしまった被害者の方が精神的なダメージの代償として相手に損害賠償請求することができる賠償金です。
損害賠償請求項目のうち、医療費や壊れた持ち物の修理や買い替え代金は実費での請求が原則ですし、仕事ができなくなって減ってしまった収入補償である休業補償などはその方の基礎収入を使って算出します。
慰謝料には、これらの損害とは異なる難しい点があります。
それは、精神的なダメージの代償という性質上、人による違いがとても大きく一定の尺度がとりにくいという点です。
そのため、交通事故の内容が似ているのに受け取る賠償金の額が全然違うという不公平をできるだけなくし定額化する目的で、精神的なダメージに対する賠償金には算定基準が設けられています。
ところが、基準があるとはいってもその基準がひとつでなく自賠責保険・任意保険・弁護士と3つの基準があるので複雑です。
どの基準を使っているかでもらえる賠償金が違ってくるからです。
この3つの基準の中で、被害者の最低限の救済ために国が作った自賠責保険の基準では賠償金は安く、弁護士基準では一番高く計算されます。
弁護士基準では、交通事故裁判の判例を参考にした賠償金額を計算するので基準が高く、また物価や最新の裁判の判例を参照して定期的に基準を改定しているので被害者にとって正当な慰謝料が算定される基準になっています。

http://baishoukin.com/kijyun/


http://www.nwcraftsalliance.com/