食通に人気の「麻布 かどわき」は、麻布十番商店街を一本入った道にあります。
黒塀の外観が特徴で、落ち着きと趣のある日本料理のお店です。
厳選食材を使い店主の柔軟な発想で作り上げられた、日本の四季を楽しめるメニューです。
一番の名物は、贅沢なトリュフをたっぷりと削ってのせた、「トリュフの炊き込みご飯」です。
こだわりのご飯釜で炊き上げられるは、栃木の契約農家厳選のこしひかりのご飯とトリュフのハーモニーは抜群です。
目の前で店主が仕上げてくれるので、部屋中に漂う独特の香りも食欲をそそります。
使用するトリュフは、日本の季節に合わせてその時期に一番美味しいトリュフをセレクトしています。
夏は味に軽さのあるイタリアのサマートリュフ、秋にはコクの強いものを厳選して使い分けるこだわりです。
また「平目の薄造り」は、塩ポン酢と肝ポン酢がそれぞれ用意されているので二度楽しめます。
この肝ポン酢のファンも多いそうです。
このように旬の素材を盛り込んだオリジナルメニューだからこそ、季節ごとに訪れる楽しみもあります。


http://www.nwcraftsalliance.com/