フィリピンへの海外不動産投資が話題を集めています。
これからの経済成長が期待でき、少子高齢化の日本と異なり、若者人口の増大がますます期待できることから、高級賃貸マンションへの需要増が見込めるためです。
しかも、アジア圏の中でもマンション価格が低水準にありますので、空室リスクを抑えながら高い利回りが期待できます。
全人口に占める生産人口の割合が高い人口ボーナス期が、2050年頃まで続くと予想されています。
日本国内や他国と比べても少額の予算でマンション投資ができ、今後、30年程度に渡って収益機会が望めるため、20代、30代の方の投資先としてもおすすめです。
日本の20代、30代は国の財政悪化で年金不安がありますから、若いうちからコツコツ資産運用をして老後の生活まで準備しておかなければなりません。
現役のうちはフィリピンへの海外不動産投資で賢く家賃収入を得て、退職時期には売却するもよし、移住を考えるのもありです。
投資するマンションは高品質な高級マンションもそろっていますから、リタイア後は賃貸を辞めて、自ら居住用にするのも悪くありません。
フィリピンは気候の穏やかな南国で、親日的で優しい人柄ですから、老後暮らしにもおすすめです。


http://www.nwcraftsalliance.com/