ビットコインを利用するメリットの1つは実在する通貨のように管理をする組織が存在しないということです。
例えば円であれば日本銀行がその供給量をコントロールするわけですが、それによって有利になる人もいれば不利になる人もいます。
しかし、仮想通貨にはコントロールする組織がないので、誰にとっても公平で中立な市場が守られるということになります。
ビットコインが普及すれば通貨という存在自体が意味を持たなくなります。
現在は国ごとに使われている通貨が異なるため、別の国に行けば通貨も両替が必要になります。
しかし、仮想通貨が一般的になれば両替の必要がなくなり、その手続に必要な手数料もかからないということになります。
もちろん国家間を跨ぐような取り引きも簡単な手続きだけで行えるようになります。
このようなボーダレス化は途上国でより大きな意味を持ちます。
途上国の通貨は安定性に乏しく、時にはひどいインフレによって勝ちが大きく目減りしてしまうことがありますが、仮想通貨はインフレの影響を受けることがないので安心です。
ビットコインはピア・ツー・ピアでのやり取りが基本となるので、決済時に手数料がかからないというメリットもあります。
ある商品を銀行振込で決済すれば、商品代金だけでなく銀行からは手数料も請求されます。
しかし、管理者の存在しない仮想通貨は当人同士のやり取りとなるため手数料といったものは一切発生しません。
しかも取引自体は24時間いつでも可能なので、銀行の営業時間を考慮する必要がありません。
http://www.nwcraftsalliance.com/?nwc=3